終わらないアニメ・パラレル

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

【GIF】ミラクルガール「あかねちゃん」

f:id:PaRaLLeL:20190717222152j:plain

今回からはパラレルで紅一点!スーパーミラクルガールのあかねちゃんをご紹介!キャラクター紹介アニメやQ&A、キャラクター誕生秘話もご紹介!

 

  • あかねちゃん プロフィール
  • あかねちゃん Q&A
  • キャラクター誕生秘話 -あかねちゃん-

あかねちゃん プロフィール

f:id:PaRaLLeL:20190407010858g:plain

 

名前:一条 あかね

あだ名:あかねちゃん

 

何でも興味を持つ、とにかく元気な女の子。

 

わがままでちょっぴり泣き虫な面もあるが怖いもの知らずと好奇心パワーでミラクルアクションを発動する。

 

ソーダアイスが大好きでアイスを持ち歩いている。アイスがあればなんとかなる。

 

赤いものが基本好きだが、帽子は母親の趣味。

 

両親が共働きのため、さみしくないようにペットのハムスターとお世話係のロボットと一緒にいることが多い。

あかねちゃん Q&A

Q. 何才ですか?

A. 4さい

 

Q. きらいなものはなんですか?

A. かたづけ

 

Q. 将来の夢はなんですか?

A. ユーチューバー

キャラクター誕生秘話 -あかねちゃん-

パラレル企画を考えた際にまず元気でわがままな女の子!ムチャクチャするけどなぜかかわいく見える。そんなキャラクターがほしい。

 

自論ですが「かわいい」は無茶ができる!多少あばれてもOK!*かわいいは正義って言葉もありましたしね。

 

この条件はアニメーションを活き活きとさせるためにも必要なんですよね。個人的にはカートゥーンアニメーションなどのドタバタ劇なアニメーションが好きなので。

 

そこでまず最初にキャラクターデザインを考え、生まれたのが「あかねちゃん」でした。

 

 

イメージとしては、カートゥーンアニメのとてもかわいいキャラクターでおなじみ「パワーパフ ガールズ(パワパフ)」を少しおとなしくさせた感じかな。

 

監督: クレイグ・マクラッケン

  

ヒーロー的にしなかったのはもともと「女の子とロボの日常」がテーマで少し未来きっとこんなコミュニケーションが生まれるのでは?これから先、ロボットとの共存がテーマになるであろうっていうのがあったからです。

 

 

また、キャラとして何かキーとなるアイテムがないとちょっと絵が弱い、インパクトにかけるところがあったのでつけたのが「大きい赤い帽子」。

 

 

あと、子供なので何か常に持っていた方がかわいい感じになる。ピーナッツのライナスがいつも持っているシーツのようなアイテムがほしいな~と。でもシンプルでアニメーションに都合がいい小さなものがいい。

 

で、最初に浮かんだのはキャンディでしたがありふれてる感じがしたのでアイスキャンディにしてみました。

 

 

その他はとにかくシンプルで動きやすいを重視したデザインをしてみました。

 

 

徐々にあかねちゃんのミラクル・パワフル・ワンダフル・アクションが少しずつ解放されていくと思うのでお楽しみに! 

 

それでは、また。

 

★キャラクターデザインに興味がある方はこちらがおすすめ!

 

★他のキャラ紹介はこちら

 

続きを読む

初心者でもわかる!絵が動くアニメの仕組みを知ろう!

f:id:PaRaLLeL:20190717220318j:plain

イラストは描けるけど絵が動くってどんな仕組み?アニメの動く仕組や作る工程をご紹介!初心者でもわかるシンプルな内容でご紹介しています!

 

  • アニメーションの仕組み
  • アニメ制作工程1 ベースの絵(原画)を描く
  • アニメ制作工程2 動きをつなげる(動画)の絵を描く
  • アニメ制作工程3 描いた絵を編集(撮影)する
  • アニメ制作工程4 アニメーションを確認する
  • まとめ

アニメーションの仕組み

アニメーションの仕組みは静止画を連続的に切り替えることで絵が動いて見えます。

 

少しずつ絵を変えていってパラパラすると絵が動きますよね?そのパラパラ漫画の原理と同じです。

 

これは人間の目は残像現象が起こるので目の中に残っている絵と次の絵がつながることで絵が動いているように見えるという仕組みです。

 

 

★アニメーションの仕組みをもっと知りたい方へおススメ!

アニメ制作工程1 ベースの絵(原画)を描く

今回はキャラクターを走らせるアニメーションで解説します。下記に用意したキャラクターの女の子の画像(イラスト)があります。横向きの方が走ってる感じがわかりやすいかなと思います。

 

f:id:PaRaLLeL:20190407162227j:plain

 

 

まずはこれから動かすキャラクターのポーズや絵のベースを書きます。これを原画といいます。ただキャラクターを描くのではなく、どんな動きをするかを想定し、元絵を描く必要があります。動かす場合は動きのポイントとなるキーポーズを描いていく作業ですね。これをやっている人を原画マンと呼ばれたりします。

 

さて、上の画像はもちろん画像なので動きません。

 

先ほど説明したようにアニメは静止画の連続なので走っている工程の絵を増やしていくことが必要です。

アニメ制作工程2 動きをつなげる(動画)の絵を描く

原画ができたら、次は動きの絵を描いていく作業になります。この作業を動画と言います。ただ絵を描けばいいのではなく、どうキャラクターを動かしたいかをイメージして動きをつなげていく作業です。これを行う作業者を動画マンと呼ばれたりします。

 

下の画像1が原画です。

 

下記のように右足、左足と歩き1ループになるように絵を用意します。今回は8枚の絵を用意してみました。*場合によっては枚数を増やしても可です。

f:id:PaRaLLeL:20190407162230p:plain

 

1~8の絵を順番に切り替えて、8の後は1に戻ることでずっと走り続けるアニメーションが作れます。

 

あまり枚数が少ないと「絵が飛ぶ」(アニメ用語)という現象が起こってしまうので最低限足の動き(運び)がわかる状態の枚数は必要です。

 

また、走るや歩くは足が動くというイメージですが体の上下運動があったりするのでしっかりと走っていると見えるように動画を描いていくことも必要です。実際自分が動いたり、走っている人を撮影してみてみるなどするとわかりやすいです。

アニメ制作工程3 描いた絵を編集(撮影)する

絵だけを眺めていても動かないのでこれらの絵を編集する必要があります。この編集や仕上げ作業を撮影といいます。

 

ソフトがない人は絵をパラパラすればいいのですが最終的にアニメにするにはデジタル処理しないといけないので動画編集ソフトを使う必要があります。

 

 

動画編集ソフト(adobe After Effectsなど)を使って絵を切り替えるのが一般的ですがひとまず試してみたい方は無料でGIFアニメに変換してくれるサイトもあるのでそちらで試してみるといいかと思います。

 

 

★アニメ制作でのAfter Effectsの使い方を知りたい方はこちらがおススメ!

 

【追記】無料GIF変換サイトはこちらの記事でご紹介しています!

 

アニメ制作工程4 アニメーションを確認する

編集ソフト、もしくはGIF変換サイトなどを使ってアニメに変換したら、必ず動きの確認をしましょう。

 

はじめはうまく絵が動かないかと思いますが何度も動きの確認や書き直し、編集でのタイミングなどを調整していくうちにアニメの動きを理解できるようになってきます。

 

ちなみに参考の変換してできたアニメーションがこれです!(GIFに変換しています)

 

f:id:PaRaLLeL:20190407163034g:plain

 

どうですか?走ってますか?(動いていなかったらPCやスマホの設定を確認してみてくださいね。)

 

大切なのはキャラクターが意思をもって走っているという点です。走らさせてるのではなく自ら動いている。

 

厳密に言うとアニメーションは絵が動くではなく、生命を吹き込むが正解なので。

 

まとめ

アニメーションを作る工程はとても多く大変な作業ですが自分の描いたキャラクターが動きだすのは感動です!

 

今回は初心者でもわかるようにシンプルな流れでご紹介しましたが今後もこのブログで制作関連の記事等をご紹介する予定です!

 

アニメに興味のある方はぜひ試しにつくってみてはいかがでしょう?まずハードル低めのGIFアニメから作ってみるのをおススメします!

 

 

★アニメーションをもっと知りたい方へおススメ!

 

 

 ★ GIFアニメを作ってみたい方はこちら↓

続きを読む

GIFアニメとは?GIFは動画・アニメと何がちがう?

f:id:PaRaLLeL:20190407150039j:plain

今回はパラレルコンテンツ最大のみどころ、アニメの手法「GIFアニメ」について簡単な解説をします。GIFに興味がある方はぜひ読んでみてください!後半はGIFのデメリットをメリットへパラレル的(プラス思考)解釈をご紹介します。

 

  • GIFアニメとは?
  • なぜGIF?
  • GIF形式のいいところ
  • GIFの制限はこう考えて解消する

GIFアニメとは?

まず、そもそもGIFとは?

Graphics Interchange Format(グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット、略称GIF)とはCompuServeのPICSフォーラムで提唱された画像ファイルフォーマットの一つ。LZW特許を使用した画像圧縮が可能。一般的に用いられている拡張子は.gif。「ギフ[1]」または「ジー・アイ・エフ」と読まれることもあるがOxford Dictionaries USA Word of the Year 2012 に "GIF" が選出された際のインタビューにおいて設計者のSteve Wilhiteは「jif(ジフ)」が正しい読み方と述べている[2]。

出典元:引用-ウィキペディア(Wikipedia)

 

難しい感じですが簡単に言うと、動く静止画(イラスト)の形式です。静止画の連続という意味ではアニメーション映像と原理は同じです。

 

最近はスマホで撮った動画を簡単にGIFに変換できるものもあるのでTwitterやfacebookなどSNSなどでよく見かけますよね。じゃあYouTubeなどで観る動画・アニメと何がちがう?

 

GIFはあくまで静止画(イラスト)の連続なので動画とは違い画像としての制限がさまざまあります。

 

  • 256色までしか使えない
  • 音がない
  • 使える枚数500枚まで
  • SNSなどアップ制限がある

 

一部ですがこのような制限があります。

 

なぜGIF?

映像・アニメを作れる人がじゃあなぜGIF?映像データでいいんじゃない?

 

と、思うかもしれませんが前回の「パラレルが生まれたきっかけ」記事

 でもお話しましたがパラレルにとって重要なことは、

 

効率!更新!これ楽しい!

 

情報量を最少にし、作る側と観る側のギャップをなくすことが大切なのでこれにはGIFアニメという表現はマッチングがいい。

 

GIF形式のいいところ

GIFの最大の魅力と言えば、自動で再生される!です。

 

映像だと再生ボタンを押さないと基本再生されないので、映像を観てもらうというハードルが上がるのに対して、GIFは自然と「動いてる」となります。

 

SNSでも目にとまるのは文字<画像(イラスト)<映像(動いてるもの)という感じでこれは企業でも意識している感じがします。

 

 

ただ、問題なのは先ほどのGIF形式での制限ですよね。

GIFの制限はこう考えて解消する

 GIFの制限もパラレル的プラス思考フィルタをかけると、

 

・256色しか使えない

シンプルなキャラクター+背景で色数を減らせばいい

・音がない

音が聞こえてくるようなアニメーション作ればいい

・使える枚数500枚まで

その尺で完結するループアニメーション作ればいい

・SNSなどアップ制限がある

まあ、変換次第ということで。ネット回線スピードも上がってるし、なんとかなるだろう!

 

 

と、まあこんな感じに解釈できるわけです。(自分でハードル上げてる気もしますが・・・)

  

というわけでパラレルの表現としてはぴったりだったという感じでした。

 

 

次回に絵の動く仕組みを解説したいと思います↓

 

 

★GIFをもっと知りたい方へおススメ!

古屋 蔵人 (編集), いしい こうた (編集)

 

 

★ GIFアニメを作ってみたい方はこちら↓

続きを読む

オリジナルコンテンツ・パラレルが生まれたきっかけ

f:id:PaRaLLeL:20190407134045j:plain

今回からパラレルの作品公開!・・・の前に少しだけパラレルが生まれたきっかけをお話したいと思います。なぜパラレルというコンテンツを作ることになったのか興味がある方は読んでみてください。

 

  • 作者について 
  • パラレルを作るきっかけ
  • 発想の転換~GOサインへ

作者について 

デジタルアーティスト・アニメ作家 

基本的にはアニメーターですがマルチに活動しています。

 

*ブログの中でもう少し話す機会もあるかもししれませんがひとまずこのぐらいで。

パラレルを作るきっかけ

アニメーションを見る機会はとても多いですよね。

 

映画、テレビ、CM、ネットなどよく見るし、作る側の自分もアニメーションを作るのはとても楽しいです。

 

ただアニメーション制作ってものすごく時間と労力がかかります。それも個人レベルで作品を作ろうとすると5分程度のアニメーションを作るのも数か月~1年かかっちゃう場合も。

 

なぜそんなに時間がかかる?と思うかもしれませんがアニメは静止画の連続なのでフルコマ(24fps)で言うと、1秒間のアニメを作るのに絵が24枚必要です。

 

ものすごく簡単な計算をしてみると、

 

5分=300秒×24枚=7200枚

 

つまり、5分のアニメを作ろうと思うと7200枚の絵が必要というわけですね。

 

 

 もちろん、アニメは止め(静止)している場合は1枚の絵を長く使うのでこんなに枚数は必要ないのですがイメージとしてあなたが7200枚の絵を描くのに何日、何か月かかるかと考えてみるとその作業量の多さに気づくかなと思います。

 

なのでアニメを作るのはハードルが高く、個人で作っていくのは厳しい・・・

 

 

その辺は十分理解しているんですが

 

それでも個人でシリーズものアニメーションを作りたい!

 

 

 

ただ、今回は1つの作品に長い年月をかけるのではなく、

 

・効率よくスピーディーに制作、完成!

・こまめに作品発表、更新!

・作る側も観る側も楽しい、満足!

 

まとめると効率!更新!これ楽しい!

 

・・・まあ、作り手としては誰もが考える理想ですね。

 

 

 

ただ、理想を理想で終わらせたら何の意味もないので考えてみました。100点じゃなくても何かいい方法はないものか。

発想の転換~GOサインへ

ということでこんな考え方をしてみました。

 

 

そうだ、数秒にしよう!

 

1つを数秒のアニメーションにすれば・・・ただそれで成り立たないのではないか。

 

そうだ、ループ(繰り返し)にしよう!

 

作り手は何度も同じカットをループで観ることがあり、意外とループだと数秒でも観てられるので成り立つかも。

 

 

そういえば、GIFアニメってあったっけ。

 

検索してみるとGIFアニメって数秒なのに面白い!ずっと観てられる!いままでは映像作れるのもあり、GIFっていう選択肢が思い浮かばなかったですが今回の企画ではぴったりの表現になるかも。

 

という流れで動き出した企画が終わらないアニメ「PaRaLLeL(パラレル)」です。

 

 

もちろん、ここからが本番なのでどこまで続けていけるかわかりませんが長く続けられるようにパラレルを応援してもらえるとうれしいです!

 

 

★GIFに興味がある方はこちらはいかが? 

古屋 蔵人 (編集), いしい こうた (編集)

 

 

次回はGIFアニメとは?を解説したいと思います。

続きを読む

【オリジナルコンテンツ】終わらないアニメ・パラレルとは?

f:id:PaRaLLeL:20190407005852g:plain

ここはポップでかわいいキャラクター達のイラスト・アニメコンテンツ「パラレル」ブログ。終わらないアニメをコンセプトに作品を公開しています!パラレルワールドのご紹介です!

 

はじめまして

はじめまして。 

終わらないアニメ・パラレルのブログにお越しいただきありがとうございます!

 

このブログではかわいいキャラクター達のアニメやイラストをメインに様々なコンテンツがお楽しみいただける「気楽に手軽にほのぼのブログ」です。

 

終わらないアニメ!っていうとすごくながーいものを想像してしまうかもしれませんが逆でシンプルな数秒のミニマルなアニメがメインです。

 

ちょこっとクスッとしたり、ほのぼの癒される作品を観ながら豆知識を増やすなどちょっとしたエンターテイメントのブログを楽しんでもらえたらうれしいです!

 

 

終わらないとは

GIF形式のアニメーションがループすることで半永久的に動き続けるアニメで再生ボタンも停止ボタンもないのでずーっと動き続けてるループアニメーションです。

 

GIFアニメの仕組みや作り方を知りたい方はこちら

 

ミニマルとは

最小限の・・などとても小さいものという意味です。なのでミニマルアニメで最小限の時間・表現のアニメという意味です。

 

セリフもなく、数秒のループアニメ。でも何か感じるよね。

 

その他、キャラクターイラストやまちがい探しなどのコンテンツ、また制作に興味がある方はGIFアニメの作り方、制作・技術に関してもご紹介しています!

 

まあ、手軽にのんびりほのぼのしたキャラクター達の作品をお楽しみください!

 

記事カテゴリー(コンテンツ紹介)

どこに何がある?って方は下記のカテゴリーを参考にしてまずは観てみてください!お気に入りの記事を見つけて掘り下げるのもいいかも。

プロフィール

パラレルのAbout(概要)ページ

はじめてのパラレル

パラレルを作るきっかけなどの紹介ページ

キャラクター紹介

パラレルに登場するキャラクター達の紹介ページ

アニメ

パラレルのミニマルアニメ作品のページ

イラスト

パラレルのイラスト(静止画)作品のページ

まちがい探し

パラレルのまちがい探しアニメのページ

GIFアニメの作り方

GIFアニメの作り方のページ

制作・技術

アニメやイラストなどの作り方・制作に関するページ

お知らせ・その他

パラレルに関するお知らせや報告、その他情報ページ

 

はじめましてのまとめ?

よくわからない見出しですが・・・

 

このブログの作者はアニメーターです。現役アニメーターが仕事とは違った作品へのエネルギーをぶつける場としてこのブログを立ち上げてみました。

 

もちろん、仕事としての制作も楽しいのですがそれとは違った制作と発表を自分なりに研究していくためでもあります。なので作品発表がメインですが自分の知っている知識や技術、チャレンジなど講座的なものも公開していく予定です。

 

アニメーションってハードル高いイメージですが最終的には気軽に楽しめる技術になってほしいという願いもあります。

 

 

もう少しこのブログの生まれたきっかけやアニメ、GIFを選んだかなど気になる方はこちらの記事もどうぞ。

www.parallel-gif.info

 

 

このブログ・パラレル作品を通してアニメーションやキャラクターを身近に感じていただけたら幸いです!

続きを読む