終わらないアニメ「パラレル」

終わらないアニメ「パラレル」

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

「ニュートンのゆりかご」を再現!おまけ機能も。

f:id:PaRaLLeL:20190508214312j:plain

 

今回のミニマルアニメは「ニュートンのゆりかご」です。

 

ニュートンのゆりかごとは?

ニュートンのゆりかご(英語:Newton's cradle)は、運動量保存則と力学的エネルギー保存の法則の実演のために作られた装置である。英語ではexecutive ball clickerといった別名が、日本ではカチカチ玉といった呼び方もある。なお、この名前はアイザック・ニュートンにちなんで名付けられたものである。衝突球ともいう. 

出典元:引用-ニュートンのゆりかご - Wikipedia

 

あの球が並んでて

片方の球がぶつかると逆側の球が動くあれです。

 

 

あの装置は不思議な魅力があって好きなので

今回パラレルキャラクターを乗っけて作ってみました。

 

f:id:PaRaLLeL:20190508210957g:plain

 

いかがでしょう?

 

今回は球をリアリティある感じにして、

アニメというよりグラフィックデザイン寄りの雰囲気にしてみました。

 

あくまでカチカチ玉が主役!

 

影を足してるので奥行がある感じになってるかなと思います。

 

 

自分の中でアニメ調が基本なので

新しいチャレンジでしたがこんな雰囲気もいいかも。

 

 

また、ただぶつかるだけだと単調過ぎたので

当たるたびに色が変化するおまけ機能も加えてみました。

 

 

 

GIFに変換時色制限でだいぶ荒くなってしまったので

綺麗なバージョンもしたからどうぞ!

(YouTubeに飛んで大きい画面だと綺麗です)

 

 

ちなみにこのニュートンのゆりかごの装置ですが

ニュートンが作ったわけではなく、

彼の名にちなんで付けられたみたいですね。

 

・・・全然知りませんでした。

 

 

またずっと動き続けてる?って感じがありましたが

実際は空気抵抗などあるので止まってしまいます。

 

まあ、そりゃそうですよね。

 

 

でも、GIFでは永久に動き続けられますよ。

こういう装置ってずっと見てられますよね。

 

 疲れたときは、ぼーっと眺めるにはいいかも。

 

 

それでは、また。

GW明けのON・OFFはこんな感じ?

 

GWも終わり本日から仕事って人も多いと思いますが

連休明けの仕事ってつらいですよね。

 

なかなかON・OFFが切り替えられなかったり、

・・・お疲れ様です。

 

 

 

作者は違う意味でちょっと切ない。

・・・仕事してたからGWを感じられなかった。

 

だからGW明けの憂鬱も感じない・・・

 

これ意外とさみしいものなんですよね。

世間の波に乗ってないって感じで。

 

 

 

なので、今回はロボ・ぐりぐりにGW明け役をやってもらい、

少しでもGW明けを感じるぞ!って感じでミニマルアニメを作りました。

 

f:id:PaRaLLeL:20190507155424g:plain

GW明け -ON & OFF-

 

 

GW明けがつらかった人も

GW明けを感じなかった人も

 

クスッと笑ってまた明日から頑張りましょう!

 

 

 

というかGWに仕事しすぎて、

次のデータ待ちなんで今がGW?

 

 

それでは、また。

 

こいのぼりに乗って風を感じたい!(トリックアートGIF)

今日はこどもの日ということで

こいのぼりを使ったトリックアート的なミニマルアニメを作りました!

 

f:id:PaRaLLeL:20190502181032g:plain

【こどもの日記念】こいのぼり

 

一度はこいのぼりの背中に乗って風を感じたいですよね。

パラレルキャラクターが代わりに実現してくれました。

 

*危ないのでマネはしないでくださいね。 

 

 

 

令和の文字を書いてみるミニマルアニメで

トリックアート的な感じも面白いと思いまして・・・どうでしょう?

 

 

ここまでやってしまうともうCGで作ってるのがバレますね。

まあ別に隠す必要もないですが。

 

 

 

 

*「こいのぼり」もLINE「ジフマガ」にピックアップされました!

ぜひ使ってみてください!

 

LINE「ジフマガ」の使い方はこちら

www.parallel-gif.info

 

 

それではまた。

 

ティーポットからチラッ(イラスト→GIF)

 

今回は前回のインスピレーション活用法から生まれたイラストを

ミニマルアニメに変身した作品をご紹介します。

 

前回の記事はこちら

www.parallel-gif.info

 

 

 

 

f:id:PaRaLLeL:20190502200115g:plain

パラレル in Teapot

 

主線がなくてもシンプルな構成なので動きがわかるかなと。

(背景が複雑になると厳しいですが)

 

ハムエッグの場所がなく注ぎ口から出してみたら

なんだかランプの魔人みたいな感じになっちゃいましたね。

 

とくに狙ったわけではないですが・・・。

 

 

さて、インスピレーション活用法参考GIFはいかがだったでしょう?

個人的には試行錯誤したのもあって結構気に入ってます。

 

 

こんな感じでパラレルもっとパワーアップしていきたいと思います!

 

 

 

■インスピレーション活用法関連記事を読みたい方はこちら

 

1. インスピレーション活用法(説明)

www.parallel-gif.info

 

 

2. インスピレーション活用法(参考イラスト)

www.parallel-gif.info

 

 

 それでは、また。

 

やわらかくていいじゃない!(インスピレーション→イラスト)

 

今回は前の記事「インスピレーション活用法」の参考的な作品をご紹介します。

 

前回の記事を読んでない方はこちらから。

www.parallel-gif.info

 

 

まずはじめに最初のインスピレーションとしては

3キャラが物の隙間から顔を出す」です。

 

まあ、よくあるシチュエーションかなと思いますが

次にドア?窓?とか考えるんですがなんかつまらない。

 

どうせならあり得ないものに。

 

 

で、次のインスピレーションは

ティーポットから顔を出す」がかわいいのでは?

 カフェ的な雰囲気にしたいな。

 

という感じでGOサインでしたが

GIFを作るに様々な壁が立ちはだかるわけです。

枠から立ちはだかる壁(問題)

f:id:PaRaLLeL:20190502184130j:plain

で、上がとりあえず仮で作ってみた画像

 

壁1 レイアウトが決まらない

まずティーポットとキャラを配置してレイアウトを決める。

ただ映像特有の16:9ジレンマでどうもレイアウトがきまらない。

 

 壁2 カフェ感がない

まあ、ひとまずアニメーションつけてみる。

GIF作ってみるがなんかしっくりこない。カフェ感もない。

 

壁3 メインビジュアルに引っ張られる

それぞれの作品テイストがあるかと思いますが

パラレルのテイスト(メインビジュアル)から変えることに抵抗がある。

 

 

これらの問題が出てくる原因の枠は以下

映像意識で16:9で作ろうとしている

映像は横画面

メインビジュアルのテイストが正解

アニメは主線が命

GIFにしないと・・・

 

 

この辺でちょっとボツになりかけました・・・。

でも、もったいない。

 

で、インスピレーション活用法で枠をはずしにかかります。

枠をとってみる

枠1 画面サイズや比率を変える

別にGIFベースなので横画面、16:9にする必要もない。

むしろ縦画面の方がスマホで見やすい。

縦の方がポスター的な雰囲気を出せる。

 

枠2 主線をなくす

アニメ作ってるとこの主線をつけたくなります。

キャラがはっきり動きもわかりやすいからです。

でも今回はあえて外してみる。

 

枠3 イラストから作る

ミニマルアニメがメインであることは変わりないですが

イラストから作ってみる、次にそれが動くでもいいんじゃない?

 

 

 

 

 

それらを踏まえてイラストを作ってみました。

f:id:PaRaLLeL:20190502184551j:plain

カフェの基準もあいまいですが

今までのパラレルと違ってやわらかい表現になって

個人的にはカフェ風ポスター?になったかなと。

 

これによって最初のインスピレーションは日の目を見ることとなりました。

めでたしめでたし。

 

 

あ、肝心のミニマルアニメですが

ちょっと調整が必要なのでまた次回ご紹介します。

 

 

LINE「ジフマガ」の使い方(作品がピックアップされました!)

 

本日GIFMAGAZINEからお知らせがあり、

パラレルの作品「令和」のミニマムアニメ(GIF)が

LINE「ジフマガ」おすすめ・特集などでピックアップされました

 

 

ちなみに令和GIFはこちらです。

www.parallel-gif.info

 

 

 

LINE「ジフマガ」?って感じだったので調べたところ、

2018年12月~公開しているGIFMAGAZINEのサービスで

LINEでGIFスタンプを送れる新機能らしい。

 

 

開始1か月で20万人を超える利用者とのことで

おっ!これはたくさんの人にパラレルを知ってもらえるチャンスかも !?

 

 

LINE使ってる人はぜひ使ってみてください!

 

 

 

で、作者はこの機能の使い方を知らなかったので

調べたついでに使い方もまとめてみました!

LINE機能「ジフマガ」の使い方

f:id:PaRaLLeL:20190503182547j:plain

LINE使ってるのはほぼスマホだと思うのでスマホ版の画像で説明。

(PCでも同じ感じだと思います。)

 

1.LINEのトークルームで「+」ボタンを押す。

f:id:PaRaLLeL:20190503175353j:plain

 

2.ピンクのアイコン「ジフマガ」を押す。

(押した後、情報関連の画面が出たら問題なければ「許可」を押す。)

f:id:PaRaLLeL:20190503175356j:plain

 

3.使いたいGIFを選んで押す。

f:id:PaRaLLeL:20190503175359j:plain

 

4.GIFを確認して問題なければ送信を押す。

f:id:PaRaLLeL:20190503175401j:plain

 

5.LINEトークに無事送信完了!

(令和GIFはスタート白なので本当は画像が見えると思います)

f:id:PaRaLLeL:20190503175404j:plain

 

ぜひ、LINEジフマガを使ってみてください!

 

 

令和GIFは制作にかなり苦労しましたが

ピックアップされて報われた感が少しありますね。

 

 

ちなみにGIFMAGAZINEに投稿してるパラレルページはこちら 

https://gifmagazine.net/users/82998/profile

 

 

 

*前回のインスピレーション活用法の参考の記事楽しみにしていた方、

すいません!明日、記事完成させて発表します!

 

 

作品は高級レストランとファストフード(インスピレーション活用法)

 

ふと制作してて思ったことがあるので

今日はインスピレーション活用法についての記事です。

 

基本、作品制作への活かし方だと思いますが

制作しない人にも活かせると思うので興味あれば読んでみてください。

インスピレーションとは?

簡単に言うと「閃き(ひらめき)」ですね。

 

誰でもふとした瞬間に「あ、これ面白いかも」とか

アイデアが降ってきたりすることありますよね?

 

でもそれうまく活かせられない場面って多くないですか?

 

 

作者もそれを活かせてなかった一人です。

 

 

でもこのパラレルはこのインスピレーションが肝になってきます。

それは作品性質によるものです。

作品は大きく分けて2種類

作品制作においては大きく2種類に分かれると思います。

それは高級レストラン系ファストフード系です。

 

 

高級レストラン系

じっくりしっかり企画から何度も練り直して

時間をかけて作品を作り込む。時間も予算もかかる。

でも大丈夫。ユーザーはゆっくり待ってますから。

 

ファストフード系

とにかく手軽に気楽に多くの人に観てもらうために

作品をいっぱい作る、効率的にスピードが命!

ユーザーを待たせてはいけませんから。

 

 

どちらもメリット・デメリットがあるかなと思いますが

大切なのは観る側・ユーザー、要はニーズですよね。

 

 

パラレルは確実にファストフード系であり、それが魅力だと思います。

それを求めてる人に多く来てほしい!楽しんでほしい!

 

まだパラレル作品観てない方はこちらか右のカテゴリーからどうぞ。

www.parallel-gif.info

 

 

で、その魅力を活かすためには

インスピレーションを最大限活かし、効率よくいっぱい作る!

ファストフードで待たせてしまったら嫌ですよね。

 

だからインスピレーションは無駄にできない。

インスピレーション活用法

f:id:PaRaLLeL:20190502200946j:plain

 

さて本題です。

インスピレーションがなぜ活かせられないか。

 

 

答えは「枠を決める」からだと思います。

 

 

 

枠があるから枠にはまらないと重要でないものという判断しちゃう。

 

重要でないものは忘れていく。

素敵なインスピレーションは消えていく・・・。

 

という流れですね。

 

 

パラレルも「GIFは自由だー!」と言いながらも

しっかり映像基本の画面サイズ16:9で作っている。

映像の枠にはまっている。

 

この演出は16:9ではうまくはまらない。

 

・・・ボツ。

 

 

 

映像やっている人はこの16:9という枠があると思います。

 

人それぞれなじみのある枠、都合のいい枠の中で

ものごとを判断していると思います。

〇マル・△サンカク・■シカク

例えば、〇を作りたいとします。

 

〇を作りたいわけなので〇が枠。

とにかく〇を考え、ああでもこうでもないと考える。

 

ふと、△系が頭に浮かぶ。

・・・でも、〇じゃないからボツ。

 

次に■系が浮かぶ。

・・・これも〇じゃないからボツ。

 

〇系のアイデアが思いつかない・・・という悪循環。

 

 

 

で、思ったのはアプローチを変えればいいのかなと。

 

要は〇に直結しなくてもまず△作って〇にアレンジとか。

■→△→〇でもいいわけです。

 

全部が当てはまるわけではないですが

この方法だと△や■のインスピレーションはボツにならない。

 

パラレルで言うと「GIFアニメ」が肝ですが 、

GIFだけを追い求める必要はないわけであの3キャラが活き活きするのがいい。

 

 

枠は形式やテイストなど必ず出てくると思いますが

自分で枠を作る必要はないわけで自分の枠は可能は限り広げよう

ということです。

 

しかもその自分で決めた枠はあまり重要ではないことが多いのかなと。

 

 

パラレルを公開してから1か月程度たって、もろにそれを感じてました。

 

例えば映像基準の16:9はスマホじゃ観にくい。

GIFの魅力を活かせてないなど。

 

反省点ありまくりです。

 

 

ただこういうブログ形式で発表するからこそ、

気づける、変化できる、進化できるというもの良さですね。

 

で、そのプラス思考インスピレーション最大の活用法かと思います。

「ダメ」「いいんじゃない?」で誕生する作品もあるはず。

 

 

ただ、もちろん作品性・守るべき枠はあると思うので

そこはゆずらない枠というのも必要だと思いますけどね。

 

 

 

文字だけだと伝わりずらいので 

次回はこの枠との葛藤した作品(っていうと大げさですが)をご紹介します。