終わらないアニメ・パラレル

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

オリジナルコンテンツ・パラレルが生まれたきっかけ

f:id:PaRaLLeL:20190407134045j:plain

今回からパラレルの作品公開!・・・の前に少しだけパラレルが生まれたきっかけをお話したいと思います。なぜパラレルというコンテンツを作ることになったのか興味がある方は読んでみてください。

 

作者について 

デジタルアーティスト・アニメ作家 

基本的にはアニメーターですがマルチに活動しています。

 

*ブログの中でもう少し話す機会もあるかもししれませんがひとまずこのぐらいで。

パラレルを作るきっかけ

アニメーションを見る機会はとても多いですよね。

 

映画、テレビ、CM、ネットなどよく見るし、作る側の自分もアニメーションを作るのはとても楽しいです。

 

ただアニメーション制作ってものすごく時間と労力がかかります。それも個人レベルで作品を作ろうとすると5分程度のアニメーションを作るのも数か月~1年かかっちゃう場合も。

 

なぜそんなに時間がかかる?と思うかもしれませんがアニメは静止画の連続なのでフルコマ(24fps)で言うと、1秒間のアニメを作るのに絵が24枚必要です。

 

ものすごく簡単な計算をしてみると、

 

5分=300秒×24枚=7200枚

 

つまり、5分のアニメを作ろうと思うと7200枚の絵が必要というわけですね。

 

 

 もちろん、アニメは止め(静止)している場合は1枚の絵を長く使うのでこんなに枚数は必要ないのですがイメージとしてあなたが7200枚の絵を描くのに何日、何か月かかるかと考えてみるとその作業量の多さに気づくかなと思います。

 

なのでアニメを作るのはハードルが高く、個人で作っていくのは厳しい・・・

 

 

その辺は十分理解しているんですが

 

それでも個人でシリーズものアニメーションを作りたい!

 

 

 

ただ、今回は1つの作品に長い年月をかけるのではなく、

 

・効率よくスピーディーに制作、完成!

・こまめに作品発表、更新!

・作る側も観る側も楽しい、満足!

 

まとめると効率!更新!これ楽しい!

 

・・・まあ、作り手としては誰もが考える理想ですね。

 

 

 

ただ、理想を理想で終わらせたら何の意味もないので考えてみました。100点じゃなくても何かいい方法はないものか。

発想の転換~GOサインへ

ということでこんな考え方をしてみました。

 

 

そうだ、数秒にしよう!

 

1つを数秒のアニメーションにすれば・・・ただそれで成り立たないのではないか。

 

そうだ、ループ(繰り返し)にしよう!

 

作り手は何度も同じカットをループで観ることがあり、意外とループだと数秒でも観てられるので成り立つかも。

 

 

そういえば、GIFアニメってあったっけ。

 

検索してみるとGIFアニメって数秒なのに面白い!ずっと観てられる!いままでは映像作れるのもあり、GIFっていう選択肢が思い浮かばなかったですが今回の企画ではぴったりの表現になるかも。

 

という流れで動き出した企画が終わらないアニメ「PaRaLLeL(パラレル)」です。

 

 

もちろん、ここからが本番なのでどこまで続けていけるかわかりませんが長く続けられるようにパラレルを応援してもらえるとうれしいです!

 

 

★GIFに興味がある方はこちらはいかが? 

古屋 蔵人 (編集), いしい こうた (編集)

 

 

次回はGIFアニメとは?を解説したいと思います。