終わらないアニメ・パラレル

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

GIFアニメの作り方 4 -GIF変換フリーソフト-

f:id:PaRaLLeL:20190603145949j:plain

 GIFアニメの作り方第4回。今回はGIF変換フリーソフトのご紹介です。前前回ご紹介した「オンライン上でGIF変換」ではできなかった詳細設定ができるので使い方などご紹介!

 

 

この記事から読むとわからない単語が多いかと思いますので今までの「GIFアニメの作り方」記事を読んでからこの記事を読んでみるのをおススメします。

 

前回の設定では物足りなかった人、GIF制作の次のステップを考えている人はぜひ読んでみてください。

 

フリーソフトの探し方

GIF変換フリーソフトも数多く存在します。

 

GIF変換フリーソフトなどのキーワードで検索してもらえればいろいろいろ出てきます。

 

この記事では1つソフトをご紹介しますが人によって使いやすい、使いにくいなどあると思いますので自分に合ったものを探してもらってもいいかと思います。

選ぶポイント

・自分が調整したい設定は何?

・調整したい設定項目があるかどうか

・わかりやすいか

 

とりあえず、わからない場合は下記でおススメするソフト使ってみてください。*ソフトのダウンロードや使用等に関しては自己責任でお願いします。

ドラッグ&ドロップで手軽にGIFアニメを作れるソフト  

今回は手軽に設定も細かくできるソフト「Giam」をご紹介します。

 

Giam(対応OS:Win)

https://freesoft-100.com/review/giam.html

 

*すいませんが作者はWinユーザーなのでMac等の方は設定内容など参考にして他のソフト探してみてください。

オンラインではできなかった設定

・1枚ごとの表示時間設定

・繰り返し回数(1or無限以外)

・色数の設定

 

インストール方法

上記サイトで「ダウンロード」をクリック。

 

giam209.exe」ファイルがダウンロードされ、ファイルを開く(ダブルクリック)インストール画面へ。

 

インストールします→次へ

 

ファイルコピー先→必要があればコピー先フォルダを指定、問題なければ次へ(フォルダが存在しないため・・・「はい」を選択。)

 

インストールを実行する→次へ(ディスクトップにショートカットを作成をするとわかりやすいです。)

 

「インストールが完了しました」と表示されましたらインストール完了です。

Giamの使い方

インストールされたソフトを起動します。

 

起動するとこの画面が表示されると思います。

f:id:PaRaLLeL:20190530134233j:plain

 

 

左下の枠に変換に使う画像をドラッグします。

f:id:PaRaLLeL:20190530134641j:plain

 

 

使うであろう設定ポイント

f:id:PaRaLLeL:20190530140746j:plain

プレビュー→別ウィンドが立ち上がって、現在設定の再生確認ができます。

繰り返し→繰り返しの回数、永久など設定できます。

ウェイト→フレームレートのことです。1枚ごとの表示時間を設定できます。(ここでの表示は1/100sなので10だと10/100sなので0.1s(秒)ということです。)

保存→ファイルの保存です。

 

名前を付けて保存」クリックし、保存先の決めて「保存」をクリック。

 

最後のタイミングに下記画面がでます。

f:id:PaRaLLeL:20190530141135j:plain

ここで色数の設定ができます。

 

 

その他は提供元のGiamの使い方を参考にしてください。

https://freesoft-100.com/review/giam.html

 

設定変えたGIF変換例 

上記の読み込んだだけの状態を変換すると、

f:id:PaRaLLeL:20190530140447g:plain

ずっとまばたきをしていると落ち着かない感じで機械的ですよね。

 

フレームレート調整

せっかくなので1枚ごとに設定できるので調整してみましょう。

f:id:PaRaLLeL:20190530142539j:plain

1コマ目・・・目あける(ウェイト100)

2コマ目・・・目とじる(ウェイト10)

3コマ目・・・目あける(ウェイト10)

4コマ目・・・目とじる(ウェイト10)

*1,3枚目、2,4枚目は同じ画像です。

 

 

1コマ目だけ1秒間表示で他は0.1秒にしてみると

f:id:PaRaLLeL:20190530142827g:plain

これだけの設定でもすこし生きものらしさがでますよね。

色数設定

また色数の変化を試したものが下記。(わかりやすく極端にしてます)

f:id:PaRaLLeL:20190530142827g:plain

256色(53.6KB)

 

f:id:PaRaLLeL:20190530143129g:plain

8色(19.5KB)

 

上の256色に比べ8色はもちろんファイルサイズは節約できてますがだいぶ汚い画像になってると思います。

 

 色数に関してはプレビューできないので何度も書き出して確認してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

前回のオンライン変換よりも細かい設定ができますよね。

 

GIF制作に慣れてくると枚数も増えて細かい調整をしたくなるのでその際はフリーソフトを使うことで高度な編集ができるようになります。

 

はじめは少し難しく感じるかもしれませんが触っているうちにだんだん感覚がわかってくると思います。

 

 こういう設定をいじれるようになってイメージ通り自在に操れるようになるともう「GIFクリエイター」ですね。

 

 

せっかくなので次回はさらに高度な変換!パラレルのやり方(PhotoshopでのGIF変換)をご紹介したいと思います。

 

 

★GIFアニメ参考作品はこちら