終わらないアニメ・パラレル

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

手軽にイラスト・写真をドット絵にする方法

f:id:PaRaLLeL:20190624194713j:plain

昔のゲーム(ファミコンなど)をやっていた人なら愛着のあるドット絵。今回は手軽に画像をドット絵風に変える方法をご紹介!

 

 

ドット絵って少ない情報量なのになぜか魅力があって素敵ですよね。

 

ドット絵を作ってみたいなぁ・・・って前から思っていました。

 

でもドット絵って限られたマスで絵を表現する技術でものすごく難しく、職人さんしかできないイメージという感じで手を出せずにいました。

 

・・・ん?

でもTwitterとかでも見る機会がある。もしかしてプロレベルではなくても何か変換する方法があるのでは?

 

で、調べてみると結構手軽にできる方法がありました!

 

 

ドット絵とは?

ドット絵はこんな感じ↓

f:id:PaRaLLeL:20190624194713j:plain

 

詳細はこちら。

ドット絵とは、主としてコンピュータ上における画像の表現方法・作成方法の一形態であり、表層的には通常の目視でピクセルが判別できる程度に解像度が低いビットマップ画像と捉えることができる。

しかし実際には、限られたピクセル数の中で表現し切るという制約やピクセルを手作業で1つずつ配置するという作成プロセス等も含めてドット絵であると認識されていることが多く、それゆえに単に写真などのビットマップ画像を拡大したものは、一般にドット絵とは認識されない。

引用-ウィキペディア(Wikipedia)

 

この拡大して画像が荒れた状態ではないっていうところがドット絵のハードルの高いところで1点1点考えて作るんですよね。

 

 確かに本当にいいドット絵は職人技術になるかと思いますがもっと手軽に楽しむ形があってもいいのでは?

 

と、調べたところ変換サイトがいくつかありました!

ドット絵変換サイト

あらかじめイラスト・写真などの画像があればそれをサイトにアップすることでなんちゃってドット絵が作れます!

 

いくつか試してみましたがそれぞれのサイトで特徴があるのでそちらもご紹介します!

 

ちなみに今回変換で使う画像は前に作って発表の機会を失ってた、こちらの画像を使用してみます。

f:id:PaRaLLeL:20190624201447j:plain 

 

*変換に関しては自己責任でお願い致します。

GIFMAGAZINE ドット絵風低画質画像メーカー

GIF変換でもご紹介したGIFMAGAZINEで提供されている変換サイト。

 

GIFMAGAZINE ドット絵風低画質画像メーカー

 https://gifmagazine.net/converters/teigashitsu

 

変換できる項目

・ドットサイズ

・色数

 

「ファイルを選択」→項目スライダーを動かしてプレビューを確認。

 

★変換例

f:id:PaRaLLeL:20190624201940p:plain

 

シンプルに使いやすいです。ただ項目が2つのみなので微調整が難しい。

ドット絵こんばーた

個人のサイトのようですが細かい設定ができ手軽に変換してくれます。

 

ドット絵こんばーた

https://app.monopro.org/pixel/

 

変換できる項目

・色の数

・ドットの大きさ

・画像を平滑化

・輪郭線を膨張

・彩度を上げる

・ハイコントラスト

 

「ファイルを開く」→「項目調整」→プレビューを確認し、「変換」をクリック。

 

★変換例

f:id:PaRaLLeL:20190624203911p:plain

 

細かい調整ができるのがうれしいですね。

 

Bead Art: Turn your photo into super-cool bead art.

海外のサイトですが手軽に変換できます。

 

Bead Art: Turn your photo into super-cool bead art.

https://bighugelabs.com/beads.php

 

変換できる項目

・切り取り場所設定(3パターンのみ)*正方形に変換されてしまうようです。

・スタイル(ドットの形)

・バックグランド(背景色)

 

「ファイルを選択」→「項目調整」→「作成」

→変換画像が表示されるので右クリックで画像保存。

 

★変換例

f:id:PaRaLLeL:20190624203333j:plain

 

こちらもシンプルに使いやすいです。ドットの形や背景色をうまく使うことで手軽にドット絵風な感じになります。

まとめ 

いかがだったでしょうか?

結構、手軽にドット絵の雰囲気が味わえる!って感じですよね。

 

個人的には一番最後の背景色がある分しっかりドットが見える感じになったものが好きです。

 

参考例はあくまでサイトの項目の中で作者の好みで調整したものなのでもちろん必ずこうなるわけではないので興味ある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ただ、やはり細かい調整はできないのでもう少しこうしたい!って言うのは出てきますね。

 

 

おまけで紹介すると、

 

ドット絵ナニカ

http://dot-e-nanika.com/

 

こちらは直接変換するわけではないですが設計図を表示してくれるというサイトです。

 

どのマスにどの色を配置すればいいのか設計図がでてくるので本格的にドット絵を作りたい人はこちらを使って調整するとできるかも。

 

そこまでの微調整を行うようになるともうプロレベルなんでしょうね。

 

でも、今回は手軽にドットに変換するというだけでしたが絵が変わって結構楽しかったです!

 

それでは、また。

 

 

 

★ドット絵を本気で作ってみたい方はこちら 

中川 悠京 (著)

★ドット絵が好きな人はこちらがおススメ! 

 

★他にもこんな記事があります!