終わらないアニメ・パラレル

かわいいキャラクター達のほのぼのアニメとイラスト・ブログ

なぜ緑なのに青?信号機のふしぎをご紹介!信号機アニメもあるよ。

f:id:PaRaLLeL:20190820154241j:plain

今日8月20日は信号機の日(交通信号設置記念日)です!ということで今回は信号機にピックアップして信号機のふしぎや疑問、また信号機アニメもご紹介します!

 

 

信号機の日(交通信号設置記念日)

今日8月20日は信号機の日です!

 

その由来は、

1931年8月20日に銀座や京橋など34か所に3色の自動信号機が設置され、これを記念してこの日を「交通信号設置記念日」となったようです。

 

ちなみに日本で初の3色自動信号機が設置されたのは、1930年で東京の日比谷交差点に設置されたのが最初です。

 

そう考えると、その前は警察官が手の合図や看板だけだったので大変ですよね。

 

信号機の不思議

なぜ赤・黄・青(緑)の3色?

信号機は赤・黄・青(緑)の3色で分かれていますがこれにはそれぞれ理由があるようです。

 

赤は止まれで一番重要なものなので、人間にとって目立つ色で遠くからでも認識でき、「危険」の注意喚起の役割を果たします。

 

青(緑)

青は進めで赤とは行動が逆なので認識しやすいように色も色相環でも反対の色になるので区別がしやすい。

 

黄色は基本止まれで間もなく赤になるという、赤と青の中間なので色も色相環で中間の黄色を使用し区別されている。

 

 

ちなみに国際照明委員会(CIE)で信号機の色は規定があるのでほとんどの海外でもこの3色が使われているそうです。

 

事故を起こさないためにも信号機は重要なのでその仕組みもシンプルでありながら、理にかなった構造になっているということですね。

 

緑色なのに青信号というのはなぜ?

信号機観てると明らかに赤・黄・ ですよね。

 

なぜ緑色をしているのに「青信号」というのでしょう?

 

もともとは緑色と呼ばれていましたが青に変わったきっかけは、新聞記者が記事で「青信号」と表記したというのが有力らしいです。

 

なぜ緑色を青色と例えたかというと、もともと日本では「青汁」「青虫」など緑を青という文化、習慣があるんですよね。

 

その流れで緑信号を「青信号」と表記し、それが一般的に広まって定着したため、今では法令でも青信号という表記に変わったそうです。

 

信号機のアニメ

f:id:PaRaLLeL:20190820170120g:plain

信号機の日を記念してアニメを作りました!

 

今回信号機の赤・黄・緑はパラレルメンバーのカラーなのでバランスよくできたかなと思います。

 

キャラの色が同じなのでそのまま電球的な扱い(今はLEDですけど)にして、信号機の中が部屋になってて、ふたが空くとアピールするという設定です。

 

電子盤的な表現で遊ぶのも面白そうでしたが、インスピレーションでこちらの表現にしてみました。

 

今回作ってて思ったのは信号機の表現の幅の可能性がすごくあるので、そのうち時間あればまた違うバージョンも作ってみたいですね。

 

まとめ

普段何気ない信号機ですが、生活する上ではなくてはならないものなので改めてこういう日に信号のことを知れてよかったなと思います。

 

最近ではどんどんLED化されていますが、個人的には旧信号機の雰囲気が好きです。

 

もちろんLEDの方が便利でスマートになっていますが、旧信号機は何かごっつい+不器用感がなんか風格があるようで雰囲気合っていいんですよね。

 

また、つくづく当たり前のものほど、理にかなった構造で無駄がないんだなと感じました。たまには信号機を改めて感じるのもいいものですね。

 

それでは、また。

 

 

★信号の作品や信号機好きにおすすめアイテム!

絵本・ザキャビンカンパニー (著)

 

★こんな記事もあります!